2020年10月7日水曜日


 ギャラリー雅堂便り 2020年10月 「厳島神社」

大鳥居は、宮島に建つ厳島神社の本殿からまっすぐに伸びた先の海上に浮かんでいます。60トンもの重さのものが固定されず支えもなしに立っているとはなかなか理解できません。

瀬戸内の穏やかな海にあるこの鳥居は1400年もの時間の中でさまざまな歴史のドラマを目にしながらもいつも変わらぬ静けさでこの海に立ち続けてきたのでしょう。

 父方の祖先が広島県であった井堂雅夫は一時広島にもアトリエを設け頻繁に往復をしていました。宮島にも何度か訪れ、そのたびに違う厳島神社を描いていますが、この作品からは海の上をまっすぐに進み鳥居をくぐって本殿へと近づく、神聖で清々しい「気」のようなものを感じます。

この頃から井堂雅夫は「人はすべて宇宙の意思によりそれぞれに使命を持って生かされている」と意識するようになり、自己の内面にある「生を受けた中国大陸・岩手の大自然で育まれた感受性・創作の技と感性を磨かれた京都・そして祖先との縁が繋がる広島という四つの遺伝子があり、そのどれかが欠けても自己の使命を全うすることは出来ない」と考えるようになりました。

画家としてその感性と技で絵を描くだけでなく、自分が出会った伝統の技である染色や木版画の未来のためにも自身がなすべき事として技術者を育て世界に知らせる機会を積極的に作る活動を続けました。


Blog post

October 2020 "Itsukushima Shrine"

 The Otorii floats on the sea in a straight line from the main sanctuary of Itsukushima Shrine of Miyajima.

I do not understand how something that weighs 60 tons and it’s not fixed can stand unsupported.

Located in the calm sea of ​​Setouchi, this Torii has been standing in this sea with an unchanging tranquility while seeing several historical dramatic events pass by for 1400 years.

 Masao Ido, whose paternal ancestor was from Hiroshima Prefecture, temporarily set up an atelier in Hiroshima that he visited frequently. Having visited Miyajima several times and making a different Itsukushima shrine drawing each time, but from this work, going straight over the sea, passing through the Torii gate, and approaching the main shrine, something like a sacred and brisk "Qi" is felt.

 Around this time, Masao Ido became aware that "everyone is alive with a mission according to the will of the universe," and started thinking within himself that "born in continental China, nurtured with the sensitivity of the wilderness of Iwate, polished with the creative skills and sensibilities of Kyoto, and being connected with his ancestors through Hiroshima, it is not possible to fulfill one's mission even if one of these four genes is missing". 

As a painter, he did not only draw pictures with his sensibility and skill, but also actively raised craftsmen and actively continued letting the world know what should be done for the future of dyeing and woodblock prints, which are the traditional techniques he encountered. 



木版画 厳島神社 https://gado.onlinestores.jp/category/select/cid/340/pid/9407


ギャラリー雅堂

603-8365

京都市北区平野宮敷町27

℡:075-464-1655 Fax075-464-0747

e-mailmokuhanga@gado.jp

webhttp://www.gado.jp/




2020年9月17日木曜日

2020年9月


ギャラリー雅堂便り 2020年9月 「緑陰」

京都市内の北西部から国道162号線を車で北へ2時間ほど行くと日本三景のひとつに数えられる天橋立のある日本海に抜けることが出来ます。その途中、京都市内から20分ほどで道幅は狭くなり、美しく手入れされた北山杉が端正に並ぶ山あいを縫うような道が続く「三尾」と呼ばれる地域に入ります。 

三尾とは高尾山神護寺・槙尾西明寺・栂尾高山寺という山号を持つ寺のある地域を人々が山号で呼ぶようになり、その3カ所を総称したものと言われています。 秋の紅葉の季節には多くの人が訪れる神護寺ですが、「緑陰」のモチーフとなっているのは青紅葉が美しい季節です。清滝川にかかる橋を渡り、石段が続く山道の参道を15分ほど上りきり空を見上げると、そこに大きな楼門が迫ります。

その手前にある茶屋は目にも鮮やかな緑の木々と毛氈の赤とのコントラスト、それをさらに際立たせる床に落ちる光と陰が映えて、まさに井堂雅夫の表現したい「IDO GREEN」、そして「光と陰」の世界です。 IDO GREEN とは、井堂雅夫の作品に多用される緑色が好きだと、たくさんの作品をコレクションするアメリカ人が表現した言葉です。

たしかに井堂雅夫は微妙にニュアンスの違う何色もの緑色を駆使して独自の味わいのある作品を生み出していたことから、私たちもこの言葉を使わせてもらうことにしました。 光と陰、これも井堂雅夫の作品を語るときとても大切な要素のひとつです。これについてはまた次の機会にお話ししたいと思います。 

Blog post

September 2020 "Ryokuin"

 September 2020 "Ryokuin" The Sea of Japan in Amanohashidate, deemed one of the three most scenic spots in Japan can be reached heading north for about 2 hours on Route 162 from the northwestern part of Kyoto City. Along the way, about 20 minutes from Kyoto city, you will enter an area called "Sanbi" when the width of the road narrows, where beautifully trimmed Kitayama cedars line up neatly weaving a road that continues through the mountains.

 Sanbi is a general term for which people have become accustomed to refer to the area of the three temples with the honorific mountain prefixes of Mt. Takao Jingo-ji, Makinoo Saimyo-ji, and Togaonoo Kozan-ji Temples.

 Jingo-ji Temple is visited by many people during the autumn leaves season, but the motif of "Ryokuin/Rie" is the season when the foliage has not turned red and looks beautiful. Across the bridge over the Kiyotaki River, going up the mountain road with stone steps for about 15 minutes, a large Romon two-storied gate can be seen approaching looking up at the sky. In the teahouse in front of it, is exactly what Masao Ido’s "IDO GREEN" wants to express, and a world of "light and shade", the contrast between the vivid green trees and the red carpet of leaves, and the light and shade falling on the floor that further accentuates it. 

 IDO GREEN is an expression coined by an American collector of many works, showing the fond of green color that is often used in Masao Ido's works. From the fact that Masao Ido made full use of various shades of green with slightly different nuances to create works of a unique taste, we decided to use this term as well. 

 Light and shade are also one of the most important elements when talking about Masao Ido's work. We would like to talk about this again at another opportunity.


木版画 緑陰 https://gado.onlinestores.jp/category/select/cid/329/pid/9368


ギャラリー雅堂

603-8365

京都市北区平野宮敷町27

℡:075-464-1655 Fax075-464-0747

e-mailmokuhanga@gado.jp

webhttp://www.gado.jp/




2020年8月18日火曜日

2020 8月 鴨川・床

ギャラリー雅堂便り 2020年8月 「鴨川・床」


梅雨の雨が続くなかでも京都では7月に入ると四条通に祇園祭りのお囃子が聞こえ、うっとうしい日々からようやく解放され「夏が来る」、と浮き立つ気持ちになります。

宵山の頃には梅雨も明けて鴨川の床も賑やかさを増し、いよいよ夏本番となります。そして8月。暑さも本格的となり、なかなか暮れない暑い一日の陽がようやく落ち夕風が立つころ、暮れなずむ鴨川の床に灯った数々の照明が川面に次第に色濃く華やかに浮かび上がり、彩りを加えていきます。

およそ400年前、秀吉が鴨川の三条や五条に橋を架け、それを見物する人が河原に集まりました。その人々を目当てに見世物や物売りが集まり、一説には出雲阿国も四条河原でかぶき踊りをしたとも言われる河原は、やがて四百軒もの茶屋が床几を出して賑わう一大歓楽街となったのが鴨川の床の始まりとされています。

井堂雅夫の作品には人物がモチーフとなることは非常に少ないのですが、この作品では床に賑やかに集う人物や河原に腰を下ろして語らうカップル、さらによく見ると鴨川と家並みを挟んだ通りを歩く人、橋の上を通る車まで描かれていていつもの風景作品とはまた違うメッセージを感じる数少ない作品です。

井堂雅夫は、長年行き来し自身もなじみ深いこの風景を「人々の暮らしがあってこその京都」とのメッセージを込めて描きたかったのかもしれません。


Blog post August 2020 “Kamogawa・Yuka”

Even with the rainy season going on, Gion festival Hayashi music performers can be heard at Shijo-dori in Kyoto as July begins, eventually being released from gloomy days enlivened with the sensation of “summer is coming”. Around Yoiyama, the rainy season will be over and the liveliness of riverbeds (yuka) at Kamogawa increase, finally the midsummer begins. And August. It becomes really hot, when the sun finally settles in a hot day and the wind finally blows in the evening, the countless gorgeously deep colored lightning along the riverbed comes out to gradually add color to the lingering sunlight surface of Kamogawa About 400years ago,

 Hideyoshi built bridges on Sanjo and Gojo over Kamogawa and people gathered along the dry riverbed to see that scenery. Performers and merchants targeting these people gathered too, the shores along the river in which seemingly Izumo Okuni performed Kabuki at Shijogawara, is the beginning of the riverbed of Kamogawa which before long became a huge entertainment district hosting 400 teahouses.

People rarely appear as a motif in the works of Masao Ido, however, people who lively gather at the riverbed, couples sitting and talking along the shores of the river, if you look more closely, people walking along the row of houses on the street and Kamogawa river, and even cars passing over the bridge can be seen in this work, in which a different message can be felt compared to other works depicting landscapes.

  It may be that Masao Ido wanted to draw this landscape familiar to him through his travels for many years, with the message "a Kyoto only possible thanks to its inhabitants."


木版画 鴨川・床 https://gado.onlinestores.jp/category/select/cid/329/pid/9215


ギャラリー雅堂

603-8365

京都市北区平野宮敷町27

℡:075-464-1655 Fax075-464-0747

e-mailmokuhanga@gado.jp

webhttp://www.gado.jp/


2020年3月28日土曜日

お知らせ

皆様、お元気でしょうか。


新型コロナウイルスの流行による世界的な混乱の中、お家で過ごされる方が多いかと思います。




普通であれば、国内外の多くの人が往来される春の京都ですが、今年はさすがに人もまばらでございます。


毎年決まって入洛され、ギャラリー雅堂に遊びに来ていただいているお客様にも今年は「自粛します」とのご連絡をいただいたり、、、。 元気に咲く桜とは裏腹に少し寂しい気持ちでおります。




さて、ギャラリー雅堂公式オンラインショップにいままでに掲載してなかった作品を順次アップしております。


また、ギャラリー雅堂公式Instagramも随時、更新しておりますので是非ご覧ください。




事態が終息し、不安が晴れて、また皆様とお会いできますことを楽しみにしております。




ギャラリー雅堂 代表 井堂 雅之













ギャラリー雅堂 公式Instagram