2020年11月3日火曜日



 ギャラリー雅堂便り 2020年11月 「円」
 

この作品は取材をした庭園のスケッチのいくつかが元になって作品となったものです。実際に存在する場所ではなく井堂雅夫のイメージの庭です。円窓の中に灯籠、つくばい、光悦垣…と、井堂雅夫のお気に入りのモチーフが配置され、見る人が窓を隔てて室内にいることを暗示し意識させることにより、外に拡がる庭の風景に奥行きを感じさせるしかけを作り出しています。

 

しかし井堂雅夫はそのことをあまり気にかけることなく行っているのではないかと思うことがあります。以前から井堂雅夫はファンの方に「作品の描かれた場所に行ってみたら、軒先に描かれていた大きな壺がなかった」とか「実際の場所にある電柱が作品には描かれていない」、「作品の角度では見えないはずの位置にある木が移動して描かれている」などと質問されることがありました。つまり、かなり自由にポイントとなるものを描き足したり実際にはあるものを描かなかったり移動させたりしているのです。

 

いくつかのスケッチ画を見ながら下絵を描いている間に、自身の絵にとって何が必要なのか、ほとんど感覚的に描き加えたり描かなかったり取捨選択をしていて、意識的にしている場合もあれば指摘されるまで気づかないこともある様子で「本当ですねぇ。」と屈託無さそうに笑っているようなところがありました。

 

井堂雅夫は一見気難しそうに見えるようですが、そんな話が気軽に出来る雰囲気を持っている作家であり、そのギャップに驚いたという話は今もファンの方からお聞きすることがあります。



Blog post

November 2020 "Circle"

This work was created based on some sketches of materials gathered of gardens. It is not an actual existing location, but a garden on the image of Masao Ido. Motifs much favoured by Masao Ido such as garden lanterns in circular windows, washbasins, and Koetsu-gaki are placed, and it creates a contrivance that gives a sense of depth to the landscape of the spreading garden by suggesting that the viewer is indoors across the window.

 

However, I sometimes think that Masao Ido is doing it without too much concern. I was before asked by Masao Ido’s fans questions such as "When I went to the place in which the work was drawn, there was no big urn drawn on the eave" or "The electric pole that actually exists is not drawn in the work”, and "The tree is drawn in a position that should not be visible from the angle in which the work is drawn". In other words, such as things that actually exist and are arbitrarily not drawn, added or misplaced have quite freely made points.

 

When drawing a rough sketch while looking at some sketches, there are parts where he seemed to be intuitively adding, not drawing or selecting what is necessary for the painting, making conscious choices, and sometimes not noticing until pointed out care-freely giggling "That's true."

 

I still hear from fans that they were surprised with the gap where Masao Ido looks difficult at a first glance, but he is an artist who possesses an atmosphere where such things can be easily talked about.

 

木版画 円

https://gado.onlinestores.jp/category/select/cid/344/pid/8838

ギャラリー雅堂

603-8365

京都市北区平野宮敷町27

℡:075-464-1655 Fax075-464-0747

e-mailmokuhanga@gado.jp

webhttp://www.gado.jp/





0 件のコメント:

コメントを投稿